東日本大震災被災地の中学生をメルボルンに招待するプロジェクト

日豪ジュニアプロジェクトのサイトへようこそ

2011年3月11日,日本において未曽有の大震災が発生しました。この東日本大震災に際し,私たちは、被災地岩手の中学生をオーストラリアに招待するプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトに賛同するチャリティーカレンダー作成・販売者が,その収益の半分を寄付してくださいました。また、「女性医療ネットワーク」のメンバーも寄付・協賛してくださり,今回,中学生6名を招へいする運びとなりました。

招へいされた中学生は,海外の人々の視点に立って今の日本を実感したり,同世代の学生達と意見交換をしたりする経験をつんでいただきたい。その経験を通じて,将来的に日本の復興の役に立つ人材となってくれることを期待しています。


2014年度 在メルボルン日本国総領事館表敬訪問2014年度


2013年度2012年度

Project to invite Junior High School students from Earthquake Stricken Iwate

On March 11, 2011, they met the greatest earthquake imaginable. We have undertaken the project to sell charity calendars in Melbourne, Australia for the purpose of raising funds to donate half of the profit to invite Junior High School students from earthquake stricken Iwate.

We sponsor two students, the “Women’s Clinic Network”, which endorses our project, sponsors further two, thus it became possible to invite in total of six students.

Purposes: To give opportunities to some of the children affected by the earthquake who in future wish to work overseas, to feel current Japanese circumstances from outside of Japan in order to contribute towards the recovery of Japan. Further, we hope that these students will in future enthusiastically work as bridges between Japan and Australia.

Target Students: Six Junior High School Students who lives in earthquake stricken Iwate prefecture who in future wish to work using English language.

新着情報


2014年度2014年度 在メルボルン日本国総領事館表敬訪問


2012年度2012年度